冠婚葬祭にまつわる豆知識:アメリカの結婚式

意外と違うアメリカでの結婚式

ウエディングドレスを着ること、教会での式を挙げることからアメリカも日本の結婚式と同じだと思われることも多いです。
しかし、実際には色々と違う点が多いものです。

昨今では国際化社会を迎えたことで学生時代に外国人の友人ができたり仕事の取引で外国の企業とのやりとりがあったり外国に転勤したりして、外国の結婚式に出席することも増えています。
また、自分自身が外国人と結婚してその国へと嫁ぐということもあり得ます。
そこで、外国での結婚の様式の違いについて知っておくことは意外と重要なこととなっています。

アメリカの結婚式の特徴

アメリカでも日本と同様に式については結婚式だけでなく披露宴や二次会といった複数のパーティーが行われます。
しかし行われるパーティーの内容が少し異なるのです。

例えば結婚式の4週間から6週間前にウエディングシャワーというパーティーが行われます。
これは女性だけで行うことが多いですが、最近では男性が参加することもあります。
最近日本でも赤ちゃんが生まれる女性にベビーシャワーを行うことが増えており、そのセレモニーの内容と似ています。

結婚を控えている女性が新生活で困らないように新婚生活で必要なものを贈るのが定番です。
これは、貧しくて嫁入り道具が準備できなかった女性に対して肩身の狭い思いをさせないようにと皆が用意をしてもたせたことが始まりであると言われています。

同様に結婚式前に男性が集まって行うパーティーがバチュラーパーティーと呼ばれるものです。
バチュラーというのが独身という意味であり、独身最後の羽目をはずす日という位置付けがされています。
そのため、下ネタが盛り込まれないようなことも多く、皆で女性のいるクラブに飲みにいったり、セクシーな下着をプレゼントしたり、ポルノビデオを皆で見たりといったことが行われることも多いです。

もちろんそのようなものは行わずに男性だけで盛り上がって飲むということもあります。
最近では同じように女性が独身最後の夜を楽しむパーティーとしてバチェロレッテパーティーを行うこともあります。

披露宴や結婚式については基本的には日本と同じです。
少しの違いといえば、カジュアルな立食パーティーのタイプのものがあったり、ダンスが行われたりというのは日本とは少し違う点です。

また、両家の食事会に似たものでリハーサルディナーというものもあります。
これは、両家の両親や牧師、司会者、場合によっては新郎新婦の友人などといった人たちを招いて事前に行われるプレ披露宴のようなものです。
両家の親睦を深めることと、参加してくれる人たちへの感謝を表現するためのものであり、レストランでアットホームに行われることが一般的です。