冠婚葬祭にまつわる豆知識:葬儀屋の見抜き方

葬儀社選びは慎重にすべき

家族が亡くなると悲しみにくれることなくすぐに葬儀の準備が始まります。
高齢の両親や祖父母のように順番があったり、病気療養や入院中などある程度心の準備ができている場合でも実際に市の場面に立ち会えば動揺してしまうこともありますし、回復を願うために事前に準備ができないのが心情というものです。

もしも急な事故で亡くなったり突然の病気でなくなれば全くの心算が無いために動揺も大きいですしその時のバタバタはかなりのものです。
人が死ぬというのはただお葬式をすることだけではなく法的な手続きも必要ですし、様々な人への連絡が必要であるためにあれこれとバタバタ動くことになります。

そうするとあまり深く考えずに地元の葬儀社を選ぶことが一般的です。
しかし、葬儀社選びというのはとても慎重に行わなければトラブルの原因となるものです。

悪徳葬儀社に注意

葬儀社というのは喪家の人たちが悲しみにくれる中でもしっかりと故人を送り出せるようにあれこれと手助けをしてくれます。
私たちは日頃から葬儀に出席する回数も少ないですし、喪主になるような経験もあまりありません。
そこで、あまり葬儀についての知識のない喪家の人たちに対して必要な手続きの声かけを行なってくれたり、故人との最後の別れとなる葬儀をしっかりと行えるように手厚くフォローをしてくれるのが一般的です。

しかし、悪徳葬儀社というのはこのようなフォローや心遣いが全くありません。
ただただ利益のことだけを考えて葬儀を行うのです。
そのために、法外な料金を請求してきたり後からあれこれと追加料金を請求されたり、もちろん葬儀の中でも不快な思いをしたりすることもあります。

葬儀は一生に一度のものですし、極力気持ちよく故人を送り出したいものです。
そこで、丁寧な対応をしてくれる葬儀社を事前に知っておくことが重要です。

悪徳葬儀社に引っかからないために

不謹慎に思われがちですが、家族に万が一のことがあった時のために事前に葬儀社の情報は仕入れておくべきです。
もちろん、その際には具体的なシミュレーションなどしておく必要はありません。
あくまでも、周囲の人たちが利用した葬儀社の様子を聞いておくことで十分です。

もちろん、尋ねるにあたっては相手の失礼にならないようにしっかりと考えて聞くことが重要です。
しかし実際に利用した人から聞ける話はとても有効な情報です。

直接聞くのがはばかられるような場合には、インターネットの口コミサイトを利用したり自分が葬儀に参列した時の葬儀社の様子を確認しておくのも有効です。
口コミサイトは実際に利用した人たちがコメントしているので信頼性が高いものです。
また、自分が参列した葬儀の葬儀社であれば故人や喪家、出席者への対応の様子がわかるので依頼するときに安心して任せやすいです。