人前式の特徴とメリット

最近人気のオリジナル性の高い人前式でのウエディング

神様、仏様の前で結婚を報告し夫婦として歩み始めるという結婚式ではなく、ご両親や親類、また友人、上司、恩師などの前で結婚する事を誓う、人前式でのウエディングも人気です。

結婚式に出席してくれたゲスト全員が二人の結婚の証人となります。
最近はこうした人前式のお式も多くなっていますのでそれほど違和感を持たれないかもしれませんが、年配の方などは人前式という今までにない結婚式をよしとしない方も多く、中にはご両親がしっかりとした挙式、披露宴をしてほしいという願いがあり、意見が食い違うという事もあります。

衣裳についても、一般的にキリスト教式はウエディングドレス、神式、仏式は白無垢や文金高島田などのように決まっているという事もなく、カップルの趣旨に沿って決まります。
挙式場所についても、結婚式場でもいいし、レストランなどでも構いません。
自由度の高い挙式となるのが人前式の特徴でしょう。

格式高くも出来るし、フランクな挙式にもできる

ひな壇を設けずにフラットな状態の会場で、新郎新婦が非常に近い状態で人前式を行うという事もありますし、一般的なお式の進行で披露宴の中で指輪の交換などを行うなど、カップルそれぞれでやり方も違います。

自由にプランニングできるということが人前式のメリットです。
費用についても安く仕上げたいという事なら、会費制にすることも自由ですし、食事メインでいきたいということならレストラン挙式でいいでしょう。
海が好きという事で海の近くのホテルを会場にするというカップルもいますし、中には水族館で行う人前式などもあります。

演出についてもどのような事を行うか、カップルまたお友達なども加わりいろいろ考えることができます。
但し、お友達と新郎新婦だけが盛り上がるというのはよくありません。
あくまでも挙式は両家の儀式ですから、新郎新婦だけじゃなく両親や親類の事もしっかり配慮したお式にすべきです。

結婚誓約書にゲストの前でサイン、指輪の交換もゲストの前で

結婚誓約書に新郎新婦、ゲストの代表となる見届け人がサインし、結婚宣言を行う、指輪の交換などもゲストの前で行うので、ゲストは結婚される二人をより身近に感じますし、心に残る挙式になります。

余興なども自由に考えることができますので、感謝の気持ちをどう伝えるか、じっくりと自由に考えることができます。
オリジナルな結婚式、自分たちらしい挙式をしたいと考えているカップルにピッタリのウエディングスタイルです。

オリジナリティを追求すればするほど、カップルは準備についてかなり労力が必要となりますが、挙式当日、一緒に行ってきた準備が整い、思い通りの挙式となればその達成感と共同作業は二人にとっても思い出深いものとなるでしょう。