結婚式の種類

結婚式について

結婚式は人生で最も晴れがましい瞬間の一つですね。
この時間を思い出に残るものにしたいと考えるカップルは非常に多いのではないでしょうか。
では、「冠婚葬祭」のなかで最も喜ばしい「婚」について解説していきましょう。

結婚式のスタイル

まず伝統的な結婚式のスタイルとして神前式、キリスト教式の二つが挙げられます。
神前式というのは、結婚をする二人が絆を強めて一生添い遂げる事を神の前で誓う神道の儀式です。
かつては日本でも自宅婚が多く、巫女などを呼んで家で神前式を執り行う事が非常に多かったようです。
現在は神前式を行うためには神社に出向き、神主の前などで執り行うのが一般的です。
また、ホテルや結婚式場などで神前式をする事も可能です。
神前式ではいわゆる「三々九度」を行います。
三度の杯が三回廻ってくるので三々九度と呼びますが、この杯を交わす事で夫婦となるとされています。
今は後述のキリスト教式が盛んになってきていますが、やはり伝統を重んじて神前式を望む人も多く、「式は神前で、披露宴は教会風で」といったスタイルの結婚式を挙げるカップルもいます。

教会式の結婚式

その教会式とはどのようなものかというと、牧師の前で二人が誓いの言葉を述べて指輪を交換し、永遠の愛を誓うというものです。
時折、映画などで見ることがある「汝、妻としての○×を愛し、その安きときも…」という誓いの言葉がここで見られるわけですね。
新郎が祭壇の前で新婦を待ち、新婦が父親のエスコートで入場する様子は確かにドラマチックですので、キリスト教徒が少ないにも関わらず人気が高いのも頷けます。
また、ウェディングドレスは女性にとっては憧れですので、どうしてもドレスを着たいので教会で式を挙げたいという女性もいらっしゃいますよね。

最近の結婚式

しかし、最近はこうした一般的な枠内に収まらない個性的なウェディングも増えてきました。
例えば、「少人数結婚式」。
小さなレストランを借り切って、親しい友人と親族を招いてウェディングをするというカップルもいます。
食事が美味しいレストランを選べば自然と笑顔になりますし、こじんまりしている分、親しく話が出来ると好評です。
また、豪華にクルーザーを借り切ってイルミネーションを見ながらデッキで挙式というスタイルもあります。
ロマンチックなクルーズを楽しみながらのウェディングは一生の思い出になるでしょう。
他にもサッカースタジアムを借り切ってのウェディングや、テーマパークでの結婚式も行われており、個性的な式はますます選択肢が広がっていきそうですね。