葬儀のあとから忌明けまで

忌明けとは 親しい人を弔う葬儀が終了したあとも、しばらくの期間は親族は喪に服するのが風習です。 一般的に喪に服する期間は四十九日とされており、故人が亡くなってから49日後のことを「忌明け」と呼びます。 忌明けのことを仏教 … 続きを読む

カテゴリー:

年末年始にお葬式となったら

年末年始特有のマナーやルール 人の死は、時期や季節を選ばず訪れます。 そのため、本人には決してそのようなつもりはなくとも、突然の様態の変化や不幸な事故により、年末年始の時期に亡くなってしまうという残念なケースもよくありま … 続きを読む

カテゴリー:

納骨法要の流れ

納骨法要のタイミング 葬儀が終わると、遺族の方はひとまずほっとされると思いますが、徐々に悲しみがこみ上げてくるのが普通です。 それまでは葬儀の準備や弔問客の接待などで悲しみを感じている暇がなかったかもしれませんが、一区切 … 続きを読む

カテゴリー:

葬儀の形式とスタイル

葬儀の意義 葬儀は亡くなった故人を偲ぶ場であり、同時に残された遺族を慰め、気持ちを整えてあげる場でもあります。 こうした社会的意義を持つ葬儀というセレモニーですが、実は亡くなった本人の意思を尊重する機会でもあります。 と … 続きを読む

カテゴリー:

葬儀の準備と納棺

葬儀の準備 親しい親族が亡くなると、残された遺族は葬儀の準備に追われる事になります。 特に初めて近親者が亡くなった場合、何から手をつけていいか分からず右往左往してしまう事も多いものです。 もっとも、その忙しさで悲しみがま … 続きを読む

カテゴリー: