遺された物を整理

近しい方がお亡くなりになった時に行う遺品整理

大切なご家族、特にパートナーやご両親、またお子さんがお亡くなりになる等、本当に近しい人がお亡くなりになると、悲しみは尽きず、通夜、葬儀が終わってからも心が正常にならないこともあります。

気持ちの整理がつかないということもありますが、遺品整理などを行うことで、心が次第に静まり、お亡くなりになったという事実を受け止める時間になるともいわれます。

お亡くなりになった方の家、部屋には形見としてご家族が大切にしておきたいものもありますし、まだまだ利用出来そうなものもあります。
ただ家具などの大物や家電製品などは、利用しなくなるものもあり、処分を考えるものも出てきます。

賃貸物件などにお住いの故人の場合、遺族はすぐに明け渡しを考える必要も出てきますし、気持ちの整理がつかないままに遺品整理を行うことも必要ですが、お亡くなりになった方のその後がしっかりと整理されるように、故人の事を思いながら勤めていくことが必要です。

みなさん、遺品整理をどう行っているのか

現金、印鑑、銀行の通帳、株式や骨とう品、貴金属などは誰かが継承する、また形見として受け取る、管理する、相続するということが必要です。
その他に写真、アルバム、手作りの品、故人の思いが込められている品物などは、手元に置くまた供養が必要と考えられる品物もあります。

遺品整理は整理を行いながら、そのモノをどのようにしていくか考えなければなりませんし、辛すぎて品物をみることもできないという人もいますし、逆に、それほど親しくされていない方でも、親類ということで遺品整理をおねがいされることもあります。

業者を依頼することもできますし、自分たちで行うこともできるので、遺品整理について業者を依頼するメリット、デメリット、自分たちで行う場合のメリット、デメリット等も理解しましょう。

遺品整理を業者に依頼する場合

遺品整理を行う業者は、多くが遺品整理専門資格を持っている方、また経験が豊富な方がおこないますので、必要な物、形見となるもの、処分してもいいものなど、経験と知識でスムーズに進めてくれます。

また第三者が行うということで、物の整理を素早く的確に行うことができるというメリットもありますし、仕分け、回収まで全部遺品整理の業者に依頼することもできますし、処分する品物だけを不用品回収の業者さんに依頼するなど、作業内容を絞って業者洗濯ができることもあり、様々なシステムの中で遺品整理ができるメリットがあります。

但し業者が行うということで費用が掛かりますし、予定していたよりも多くの遺品、また処分品があり追加料金を提示されることもあります。

遺品を丁寧に扱っていないと感じる業者も中には存在するようですし、回収しご供養等が必要となるのにこうしたことを行わず処分するという所もあります。

遺品整理を自分たちで行う場合

お亡くなりになった方が普段利用されていたもの、大切にされていたものを思いだしながら整理することで、お亡くなりになったことを実感できるという点、また心を整理することにもつながります。

業者という第三者が介入しないので、遺品整理についてトラブルが発生しにくいということも自分たちで行う大きなメリットです。

ただ大切な人を亡くされたことについて受け入れることが全くできていないご遺族が遺品整理をするということは非常につらいことになりますし、品物を見るたびに思い出がよみがえってくる等、手にすることもできずなかなか進まないということもあります。

処分するものが多いとトラックなどを借りて処分する必要がありますし、時間も手間もかなり掛かります。

こうした業者に依頼する場合と、自分たちで行う場合のメリット、デメリットをよく理解し、その中で、全部依頼した方がいいのか、出来るところを自分たちで行うのか、それとも全てにおいて遺族として責任をもって遺品整理するのか、考えることができるでしょう。