キリスト教式の特徴とメリット

憧れる女性が多いキリスト教式のロマンチック挙式

キリスト教式の結婚式は、幼いころからあこがれ続けてきたという女性もきっと多いでしょう。
ウエディングドレスをきて真っ赤なバージンロードを歩く、というだけでも胸がキュンとなりますし、ステンドグラスや賛美歌など、結婚式を盛り上げる要素がたくさん詰まっています。

キリスト教の結婚式というと、信者以外出来ないのでは?と考える方もいますが、最近はホテルや結婚式場で行うキリスト教式について、プロテスタント教であれば信者でなくても行う事が出来ます。

美しい教会の中、人生で立ったひとり、一緒に歩んでいく伴侶と愛の誓いを立てるなんて、美しすぎて、女性が憧れるのも無理はありません。

キリスト教式の結婚式、その特徴は

教会というのは公的な祈りの場とされます。
本当はキリスト教信者が礼拝を行う場なので、そこで挙げる結婚式は信者のものであるはずです。
そのため、結婚式を挙げる前に、結婚講座などを受けることが前提となっているところが多いです。

ホテルや式場などにある結婚式用の教会は結婚式専用の施設という事が多いので、この場合、結婚講座などを行わずとも挙式をあげることができるところが多いです。

プロテスタントとカトリックの違いって何?

キリスト教にはプロテスタントとカトリックがあります。
結婚式の司会進行を務めるのはカトリックの場合神父様、プロテスタントの場合牧師様、若しくは先生といわれます。
実はバージンロードの色も違いがあり、カトリックは赤・緑、プロテスタントは白なんです。

神様を拝す場所についても、カトリックは御堂、プロテスタントは礼拝堂といいますし、カトリックの場合、死別以外の再婚者の結婚式はできませんが、プロテスタントの場合、離婚理由などによって違いがありますが、再婚者の挙式ができます。
十字架もカトリックはキリスト像が十字架を背負うもので、プロテスタントは十字架のみです。

キリスト教式のメリットはなんといっても心に残るセレモニー

神式も仏式ももちろん厳かな雰囲気の中行われる神聖なお式ですが、教会でのお式はより一層ロマンチックで心の中にしっかり刻まれる美しい風景があります。
入場ではパイプオルガンが利用されることもありますし、讃美歌が美しく流れる中入場してくるという所もあります。

最近はゴスペルシンガーを呼び、挙式を盛り上げるという趣向もあるようです。
花嫁の前には可愛い小さな新郎新婦のようなフラワーガールが先導し、マリッジリングを運ぶリングボーイ等もキリスト教式ならではの光景です。

挙式の最後に花嫁がゲストに背を向けて行うブーケトスも盛り上がりますし、幸せのおすそ分けというイメージで素敵です。
心に残る場面がいくつもある、という事が、キリスト教式の何よりのメリットではないでしょうか。